西洋アンティークショップ - mu・mu - 西洋アンティークショップ - mu・mu - Back Home
「2015イギリス編」
2015年4月30日(水)
さて、買い付け最終日、朝6時30分始まりのマーケットに行く。屋内と屋外があるが、今日は屋外から見ようっと。でも、暗くて見えないわ〜と言っているところに、出展者のバンからアーコールのチェアが!商談成立し、あとから取りに来ることに。その横のブースでは、スタッキングのチャイルドチェア3つを見つけ、買っちゃったもんね。
最終日に何かヤケにでもなったのでは?いえいえ、そんなことはありません。
引き続き、インクビンの大量買いや銀メッキ製品の大当たりなどで、買い付け順調です!

昼前には、買い付けもピックアップも終わり、小雨の降る中、駐車場の車の中でパッキング開始。
インクビンは大量だから、時間かかるな〜。
あら、きれいな色♪

1時間ほどですべて終了し、今日買った荷物をコンテナの荷詰めを担当するJ君のところに持っていきました。
じゃーこれで最後だから、あとはよろしく頼む!また来年〜ということでガッツリ握手。

夜はビーフストロガノフみたいなものを食べ、ぐっすり就寝。


翌朝は、ロンドンヒースロー空港にてイングリッシュブレックファースト。

なぜか、背後にビール。

いやーこれにて食べてばっかりのイギリス買い付け日記はおしまい。
次回はチェコ・ドイツ編をお送りしまっす。


2015年4月29日(火・祝)
ゴールデンウィーク突入ですね。いかがお過ごしでしょうか?
イギリス買い付け日記も、あと少し。どうぞお付き合いください♪

さて、ある夕方、閉店間近のアンティークセンターで買い物をして、スタッフのマダムに「ここらへんでいい食事処知らない?」と聞きました。すると「絶対にあそこがいいわ」と教えてくれた場所。住所はご存じではないらしく、「店の前の道を右折して1個目のラウンドアバウトをまっすぐ…」など、延々と聞かされ、大丈夫かな、行けるかな〜と思いましたがトライ。なんせ車で15分ぐらいだという場所だから、迷う要素に事欠かないのですが、1回だけ迷って、たどり着きました!


大きくて、素敵なレストラン。日曜日だったこともあって、家族連れでにぎわってました。生ビールもいろいろ♪
まずは一杯頼んでメニューを見ると、サンデーローストなるものが。せっかく日曜日なのでそれを頼むことに。
それがこちら。




ぎゃーうまい〜。いままで食べた中で、一番のサンデーロースト!ソースも幾種類も持ってきてくれて大感激。いちいち何のソースで何にかけて食べるか聞いちゃいました♪
アンティークセンターのマダムに感謝!!



偶然の産物、旅の幸せ。

2015年4月25日(土)
さて、イギリス買い付けもいよいよ終盤。
最後の山場、大規模な国際アンティークフェアへ。
朝、5時ごろホテルを出発、5時半ごろ会場到着。入場料約1万5千円(!)を払って、レッツゴー。あと3、4時間待てば4千円ほどになる入場料(それでも安くはないが)ですが、まあ買い付けのために来ているので、そこは太っ腹に払っちゃうぞ!

さて、入ったはいいが、暗くて、外の会場にはまだ出展者もまばら…どころか、ほとんどいない。仕方ないので建物の中に。こちらは、車から荷物をブースへと運び出している出店業者でわらわらしている状態です。まあ、準備ができるまで何周かして、1個買い、また1個…という感じです。

別の建物を回り、買い付けを続けていると、外もようやく明るくなりました。


外も一通り回って(といっても時間はかかったが)、一応終了〜♪
車を取りに行き、乗ったまま会場を回る。あちこちで預けておいた物をくまなくピックアップして、本日終了♪

ホテルに戻って一服したが、まだ昼過ぎ。朝が早いと一日が有効だな〜。そういえば、このホテル、利用しだして早5年以上。でも、すぐ脇を通る道を行ったことがないんだよな。暇だし、行ってみようかな…。ということで、車でGo。
途中、こんなかわいい踏切があって、かわいいはいいけど、一度閉まると開かずの踏切。恐ろしい…

まっすぐ道を進んでいくと、そこは小さな村でした。そしてそこには1軒のパブが!!!おー、こんな近くにパブがあったとは5年も来てたけど知らなんだ〜。覗いてみたが、閉まってました。夕方出直すことにしよう。
小さな村のあっちこっち見たが、パブ以外、特に発見なし。

ホテルに戻り、パッキングなどをしながら夕方を待つ。
午後6時ごろ、また出発。今度はパブの駐車場が満杯に!やばい、後ひとつの場所をきわどくゲット。はやっているな〜このパブ。
中には地元の方々がぎっしり。見知らぬアジア人の出現にちょっと戸惑っているようでしたが、ある紳士が「どっから来たの?」と声をかけて下さり、「ジャパンです」と答えると、場が和みました。
ビールを1パイント注文し、メニューを見てると、本日「カレーナイト」とありました。注文を取りに来てくれたオーナーおじいちゃんに、「一番辛いカレー」と頼むと、「おお、そりゃーマドラスじゃ」しかし、それはメニューには載っていないけど…。「シェフに聞いてきてくる」といって厨房に消えたおじいちゃん、戻ってきて、「作れるって」といって上機嫌。おじいちゃんも辛いカレーが好きなのかな?

カレーを待っている間に、最初に話しかけてくれた紳士が私の横に来て、いろいろと話し相手になってくれました。「ここのパブもよいが、あっちの村にもいいパブが1軒あるぞ、川が前に流れていて夏はとても気持ちがいいんだ」「じゃー今度行ってみます」などと特別情報をゲットしたところにカレーが運ばれてきました。紳士は、「じゃー楽しんで!」といって皆さんのもとに。
親切だな〜。

こちらが頼んだカレー。


既にセットの一部として、サラダやヨーグルトソースを載せて食べる何か(はわからんが、おいしい何か)を食べた後のこの量。しかしカレーはベリーグッド!スパイスが私好みの辛さでおいしーい。おじいさんに満面の笑みでお礼を言いました。ビールをお代わりして、食べた、食べた。
お会計時におじいさんと紳士にお礼を言って、また来年来る約束をしました(本日こちらのホテルの最後の晩だったのです)。

異国の小さな村で心温まる夜を過ごしました。


2015年4月12日(日)
今日はまた、良いお天気で。みなさま、お洗濯&行楽のチャンス♪私は明日お休みで、山梨に桃(花)を見に行くもんね。天気は良くないみたいだけど…。

さて、買い付け日記の続き。といっても、今日はスーパーマーケットの話。
いつも楽しみにしているスーパーですが、今回、発見したもの、それは…


1本1本パックされているキュウリ!知らなかった。


しかも、結構な高級品。この時の為替で、キュウリ1本約90円なり。


ちなみにブドウは1パック180円なり。意外と安い。

値段にお国柄が現れます。ハム・チーズ・バターなどは、安くて種類もいろいろ。パンは、物によっては腰を抜かすほどの安さ。さすが主食。

もっと食に詳しければ、いつもはすっとばして見ていないコーナーも楽しく拝見できるのでしょうが。買い付け中は火を使わずに食すことのできる食材にのみ、興味は集中。
バナナ箱調達のみならず、買い付け中のほっと一息プレース。それがスーパーマーケットです。


2015年4月5日(日)
次の日、今回買い付けのメインイベント、とっても大きいアンティークフェアに向かう。ところが、あいにくの雨…。

とにかく、入場開始とともに、会場の奥のほうにある、室内会場に向かう。行きすがら、野外会場を通るのだが、やはり出展者は劇的に少ない。もう少し時間がたてば、ちらほらお店が増えるかな、と思いながら、建物の中へ。
バイヤーの多くは私と同じ考えのようで、その建物だけが異常な混みよう。
まあ、時間はあるのでゆっくり見ますか。

銀メッキの花器やシュガートングをまとめ買い。ウェジウッドのジャスパーウェアなども買いました。なんだかんだと会場を3周くらいして買うものは買った。しかし、外は雨、のみならず、出展者もあまり増えておらず…。
仕方ないので、帰ることに。駐車場に行きすがら、子供用いすを2個ゲット。
ということで、本日終了。


帰りしな、大好きなアイスクリームパーラーに寄り道。
寒いときのアイスもサイコー♪ということで、なんだかんだ楽しんでいます。


2015年4月4日(土)
次の日、ホテルから2時間ぐらい離れた場所に向かう。
初めてのところを含めて、2、3か所のアンティークフェアをはしご。
小さなフェアばかりだったが、手ごたえあり。


で、帰途に就こうとガーミン君(私のGPSのあだな)にホテルの住所をインプットしたら、なんだか風光明媚なところへ連れて行かれた。
そこは、なだらかな丘が続くところで、見渡す限りの緑。たぶん国立公園の一角だと思う。というのは、このガーミン君は高速を使ってくれればいいのに、地元の人しか通らない道とか、裏道などを使って、思いもしない観光をさせてくれることがあるから。
後で調べたら、「多少遠回りでも、この高速使えば早かったのでは??」と思うことしばしば。

しかし、もう来ちゃったからには、従わざるを得ません。くねくね道を注意しながら運転していると、突然こんな建物が!


なんじゃこりゃー。パーキングこっち→みたいなものに従っていくと、そこはなんと、ティーハウスでした♪ラッキー、トイレ休憩していこおっと。

素敵なところ♪

店内風景

そしてオーダーしたのがクリームティです。スコーンとジャムとクロテッドクリーム、そしてポットいっぱいの紅茶のセット。


イギリスは楽しいなっと。
ガーミン君に感謝しつつ、頂きまっす♪
シアワセ。

建物の外の風景。

2015年4月3日(金)
いろいろと首尾よく買って、本日、買い付け終了!

ホテルに帰る前に、スーパーによってバナナ箱や食料を調達しようっと♪
駐車場で何気にとめた車と壁の間が!!!


こんなに隙間なし!パーフェクト!!じゃなくて、もう少し気をつけよう。あと1cmぐらいだった。ホッ。

調達したのは水や果物、コリアンダーの束にハム、オリーブなど。もちろんビールは買う。
レジに並んでいる間にパチリ。

前に並んでいる方が花束を3つも。

レジの人は座って対応。

スーパーは楽しいなっと。
ホテルに帰って、ビンのパッキング少し。食べて寝る。

2015年4月1日(水)
翌日は、正午から始まるアンティークフェア、に出かける前に、少しはやっておかなくては、買ったビンの梱包。バナナ箱4箱くらいやって、出発。

本当は今日は搬入の日だが、特別にチケットを入手して、出展者とともに会場に入る。


出展者はテーブルを広げ、荷物を車から運び、ってなことで、なかなか品物を見るまでには時間がかかるが、行ったり来たりして待つ。

外の人たちのほうが、意外と早く準備したりして…。ということで、外を見て回ることに。外の人たちは家具なんかを扱っている場合も多いので、車から出してくれさえすれば、こちらはすぐに見ることもできるというわけ。

歩いていると、アーコールチェアを4脚発見。色も状態も悪くなし。お値段を聞くと割とリーズナブルなような…。まあ買っておきましょう。すると、オーナーのおじいさん、「アーコールが好きなら、こういうのもあるけどね」と車から出してきたのは珍しい形のラック。3段ほどでちょうどいい大きさ。かわいいな♪ということで、こちらもお買い上げ。外回りをしてラッキー。いいもの買えました。

さらにブラブラして、パディントンベアを発見。こちらもゲット。


グラスもきれいなものがありました。
こちらも頂き、なかなかよいスタートです!


2015年3月29日(日)
午後5時前には着いた、本日2軒目のアンティークセンター。裏側に回り、勝手に駐車場にとめちゃうもんね〜。そして、裏口から勝手に入っちゃうもんね。「ハロー、着きました!」ガッツリ、オーナーと握手。
さて、時間もないし、ぱっぱと買っていきますよ〜。

いきなり陶器のボトルや瓶を買いだしたが、待てよ、昨日ビンはしこたま買ったのでは?


そーなんだけど、一晩寝れば、なんだか忘れがちになるのよね。ま、いっかいっかで、どんどん買っていく。

小一時間ほどで、バナナ箱4〜5箱になりました。それをオーナーとともに裏の駐車場に運ぶ。ぎっしりの車を見て、オーナーはびっくり。「これのどこに入るというの?」「大丈夫、これとこれは空箱で、ここの隙間にぐぐっと…」なんとか押し込め、残業してくれたオーナーに感謝。また来年ね〜。

ホテルに戻り、まだパッキングされていないビンのザルを見て、「やっぱり買いすぎたかも…」
寝る。


2015年3月27日(金)
さて、ホテルは毎度おなじみのところで、安心してチェックイン。
ビンの山を運び込んでも、まったく苦にならないほど広くて、助かるわ〜。
またも、内装を撮るのを忘れた…。外観と今回のレンタカーをパチリ。


さて次の日は、2時間ほど離れたアンティークセンターへと向かう。
10時ピッタリにハンティング開始。今年もなんかいいものあるかな〜♪

ある、ある〜♪ガラスのピッチャーやお皿、ミルクポットやリングスタンドなど選んではカウンターに運ぶ。
来ることは事前連絡済み。バナナ箱もいっぱい用意されていて、テキパキと包んでは、バナナ箱に入れていってくれる。さすが♪私も負けじと買うもんね〜。
途中の昼休みには、併設のカフェでオーナー夫妻にごちそうに♪本日のメニューはチリコーンカーンのサワークリーム添え。ミルクティーとともに。うまい♪


お腹もいっぱいになったところで、もういっちょがんばるぞ!2階へ駆け上がり、最後の品定め。つっても、いいものありすぎで、これがなかなか終わらんよ〜♪
夕方、やっとこさすべてを見終わり、会計も終えて、バナナ箱を車に積み込む。空のバナナ箱も隙間に詰めて、車はいっぱいに。ありがとねー、また来年ね、とがっちり握手で、次のアンティークセンターへ。

といっても、もう4時過ぎ。携帯から次の目的地へ電話。「もしもし〜、ムームーです。そちらに向ってますが、閉店までに間に合わないかも…」電話に出たのはオーナーで「待ってるから大丈夫。気をつけてきなさい」とのこと。
ラッキー!急いで行くもんね〜。
続く。
2015年3月26日(木)
また1週間あいちゃったけど。続き。

といっても、今日のスケジュールはまだまだ続く。
駐車場で本日お買い上げの商品をちゃちゃっと梱包して、一路北へ。
去年知り合ったK氏の自宅へと向かう。午後4時ごろ到着。
呼び鈴を押そうとしたら、中からK氏が出てきてお出迎え。「そろそろかな、と思ったんだ」。ナーイスタイミング♪

すぐに通された中庭には、驚くほどのビン、ビン、ビン!!


K氏は趣味でボトルディギングをしているお方。
昔はビンを地中に埋めて捨てていたそうな。
それを掘り当てて、探すのを「ボトルディギング」っていうんだって。

ということで、1年分のボトルディギングの成果…ったって、これはいくらなんでも多すぎないか?しかも、イギリス買い付け初日だっつうのに。
ブツブツ言ってても仕方ないので、買いたいザル(写真の通り、ビンはザルに入っていて、買い方はザル単位)を選んでいくと、結局ほぼすべてに(そーなるとは予想していたが)。

車に詰め込んだが、半分は入らず、K氏に後日ホテルに運んでもらうことに。
いや〜初日から大物?買いで、お金足りるかな〜、包むの大変だな〜、などと心配しながらホテルに向かう。


2015年3月19日(木)
はいはい〜、もう3月。出会いと別れの季節ですね。みなさま、いかがお過ごしですか?
さて、去年秋に参りましたイギリス買い付けの模様をお伝えします。
只今、mu・muの店頭には、この時に買ったアンティーク雑貨がたっぷりと飾られております。ぜひ、見に来て下さい♪

さて、ヒースロー空港に降り立った私。路線バスなんかに乗って、レンタカー屋へ。スムーズに予約していた車をゲットして、ホテルへとチェックイン。日本から持ってきたカップうどんをすすり、就寝しました。

翌日はさっそくアンティークフェアへ。朝6時30分始まりのその市には、期待「大」です。
開門と同時に、ちょっと小走り気味に駆け出します。

銀メッキのトレイやサーバー、ポットなど、絶好調にて買い付けて行きます。むー、これぞイギリス。1920〜30年代の古くてよきモノが目白押し…。アクセサリーやバスケットなども買うのですが、なんだか今日は銀メッキの日。キャンドルスタンド、コンポートやジャム入れなど、たくさんのアイテムを買い付けることができました。めでたし。幸先の良いスタートを切れました。







「2011チェコ・
ドイツ編」
はこちらから



「2012オランダ・
ベルギー編」
はこちらから




「2012イギリス編」
はこちらから




「2012USAポートランド編」
はこちらから




「2012USA東海岸編」
はこちらから




「2012フランス・オランダ・ベルギー編」
はこちらから




「2013イギリス編」
はこちらから




「2013フランス・オランダ・ベルギー編」
はこちらから




「2014フランス・オランダ・ベルギー編」
はこちらから




「2014USA編」
はこちらから




「2015チェコ・
ドイツ編」
はこちらから



「2015USA編」
はこちらから



「2016イギリス編」
はこちらから



「2016イギリス編U」
はこちらから




「2017イギリス編」
はこちらから




*mu・muへのアクセス

★ キーワード検索 ★
*キッチン用品
*ガラス製品
*陶器
*アクセサリー
*レース・キルト・衣類
*裁縫道具
*テーブルウェア
*カゴ・バッグ・人形・キャラクタ
*シェード
*ブリック・ア・ブラック

ショッピング
*ご注文方法

ご購入方法など
*mu・muについて
*卸売について
*お問い合わせ


Link

★ショップのご案内★
mu・mu (ムームー)

営業時間
西店10:00〜20:00
(無休)

東京都公安委員会 第304410105752号 認可古物商
〒150-0021 東京都渋谷区恵比寿西1-21-5-1F
株式会社mu・mu  代表取締役 山本むつみ TEL 03-6809-0686 FAX 03-6809-0767
backHOME
Copyright(C)Mutsumi Yamamoto