西洋アンティークショップ - mu・mu - 西洋アンティークショップ - mu・mu - Back Home
「2012オランダ・ベルギー編」
2012年1月23日(月)
スタッフのHです。

ベルギーのマーケットを出発して1時間ほど。

次の会場が見えてきました。ものすごい車の数!人の流れに沿って会場へ向かいます。
でも。。女の人が多くて、皆さん小綺麗。
これは。。もしかして。。

とりあえず前回の反省を活かして、むつみさんだけ入場。私は待機。
戻ってきた、むつみさん。。ここは冬服大バーゲン!みたいなとこと判明!あら〜。外れだった〜。
あわてて次の会場へ。

道に迷いつつも、次の会場へ到着。
こちらもキレイなホール。もしかしてここも?と不安になっていると、小綺麗ではないおじさん(失礼!)が出てきました。
でも、安心しました。だって同じニオイがしますもん。当たりですね〜☆買い付け再スタートです。

入ってすぐにピンを発見。全部購入。


そして、またピンを発見。チェコのものがお店でも人気ですが、こちらはフランスのものだそう。
デザインがなんとなく洒落っ気があります。こちらも全部購入。


時間がないので早足でまわります。ただ通り過ぎているようで、突然むつみさんがピタッと止まってピックアップ。すごいです☆
そんなこんなで、他にも陶器やら缶を買って大急ぎで次の会場へ。


最後のマーケットはサッカー場。
芝のとこではなく、観客席の通路を使ってぐるりとお店が並んでます。こんな使い方もするんですね〜。と感心。
でも、みなさん片付け始めてる!急がねば!

とりあえずビールを一杯☆ラストスパートです。

キャニスターやガラスのお皿などを買っていきます。
そして最後に、またまたピンを発見。やっぱり全部買うむつみさん。さすがです!


バタバタと大忙しの1日でしたが、いっぱい買えて大充実でした☆

大きなハプニングもなく、しっかりきっちり買い付けてこれた商品たちを今日からはじまる第2段「オランダ・ベルギーフェア」でご紹介しています。
みなさま楽しんでいただけると嬉しいです〜☆

2012年1月22日(日)
スタッフのHです。
さてさて、この日は大忙しでした。行きたいマーケットが4つあったのです。

まずは素敵なお店のオランダ人ディーラーRさんが、ここらで一番のマーケットだよ!と言っていたベルギーのマーケットへ。
むつみさんが良いマーケットは朝早い。と言っていましたが、こちらのマーケットもとても早い。根競べしているの?と言いたいくらいです。
朝3時に起きてホテルを出発。5時半頃から買い付け始め。
まっくらです。でも、ちゃんとお店も出てるしお客さんもたくさん。
ディーラーさん達は何時からいるのか。。皆さんすごいです。

定休日のスーパーの駐車場で行われているマーケット。
外灯もあるし、当たり前だけど車もすぐ近くに留められる。すごく便利です。
そして買い物カート発見!これでたくさん買えますね〜。便利〜。と、むつみさんの後をついていきます。
ガラガラ。ガラガラ。。ちょっと不審者っぽいけど気にしません。むつみさんは大笑い。。ひどいです。


ピューターのスプーンやご当地モチーフ?のカトラリーなどをたくさん購入。
柄がマリア様モチーフのものとかもあって、とても可愛い。Rさんの言っていた通り、良い物たくさんです。
カートのおかげで重いものもへっちゃらなので、さくさく買い付けがすすみます。
そして素敵な瓶を発見。すこし歪な形が良い雰囲気です。


けっこうオススメなので、せひチェックしてみてくださいね☆

シャンデリアやブラケット。カフェオレボールも購入。ディーラーさんも良い人ばかりで大満足☆
シャンデリアはむつみさんが粘りに粘ってベストプライスをだしてもらったもの。
こちらもとても可愛いです☆


次のマーケットも良いとこだとよいですね〜。

つづく。

2012年1月21日(土)
ビールのおかげ?で元気いっぱい☆

むつみさんはどんどん商品を選んでいきます。
ブリックやカフェオレボール。
大量の陶器のお皿。。それはもうすごい勢いで。
配送時の梱包材が心配になるくらい…。むつみさんはなんとかなるよ〜と、どんどんヒートアップ。
確かに買わないほうがもったいない。と後を追いかけます。



良いものたくさんのマーケットにテンションがあがります☆

浮かれていても忘れてはいけないのが、お客様からのリクエスト品たち。
これは?あれは?と広い会場内で探しまわります。
ぴったりのものってなかなか見つからない。
だんだんと、グラス〜。とか言ってたのが○○さん、発見!!とか言い出すように。
探し出すのはとても難しいけど、視野が広がって楽しいし、勉強になります☆
そして見つけたときはすごく嬉しい。気に入ってもらえた時はもっとです。感謝。感謝。

すべてのブースを見つくし満足した頃にはクタクタに。
お世話になったWさんにお礼を言って帰り支度。
買った商品を置かせてもらっていたブースを回りお礼を言いながら回収。車に詰め込みます。

バラバラに回収して、むつみさんと合流。あれ?荷物が増えてません?
回収に行きつつも、さらに買い足した模様。あっぱれです!むつみさん。

約10時間の買い付け三昧。すごく充実〜!!

ちなみに帰り際にWさんとばったり会ったむつみさん。「トミーによろしくー☆」って言ってたよ。と…。
名前ちがうよー。と小さいオチもついた1日でした。

2012年1月19日(木)
スタッフのHです。さて、旅も中盤に入った頃、ユトレヒトのマーケットへ。

むつみさんのお友達。オランダ人Wさんと待ち合わせの為、開場は10時なのに6時に会場駐車場へ到着。
そしてWさん遅刻!!チケットはWさんから買う(早くに入場できる特別チケット!)なので入れない。
駐車場で待ちぼうけ。。かなり寒い。
少し遅れてWさん登場。

電話で話した時は酔っ払いだと思ってたのに、(巻き舌すぎて英語が聞き取れなかっただけでしたが…。)会ってみるとブルース・ウィリス似のオシャレなおじさん。
Wさんからたくさんのコーヒーミルやマットを購入。どれも可愛いし、状態も良い!素敵〜!良い人!!(イマイチ言葉が聞き取れないので商品で判断)
自己紹介で名前を言うと「オランダ人にも同じ名前あるよ〜☆」とニッコリ。
Wさんがだんだんイケメンに見えてきたところで、やっと会場へ。

入ってみると広いしブースの数がすごい!!活気あふれる会場内!


色々なジャンルのディーラーさんが集まった本当に大きなマーケット。
(骨董ジャンボリーの様。と言えば伝わりますかね?)
どこを見ても凝ったディスプレイだし、質の良いものばかりです。
すごーい!とはしゃぎつつ開店準備中の会場を回ります。
台紙付きのネックレスやらレースをたくさん購入。


アイアンのお花のランプにアルミ製のキッチンツール。
またまたレースにグラスにと、本当にたくさん買いまくる。

ブースを巡っていくと、大量の小さい糸巻きを発見☆
10個でいくら。と書いてある。
可愛いし、全部買っちゃえ〜!とむつみさん。
すると「10個単位だから数をかぞえてください。」というお返事が。。
え?この量を?時間が…。と思いつつ商品のお皿やらトレイを借りて、せっかくなので選別しつつ数えていきます。

やっと終わって個数を申告。まったくチェックもされずお会計…。
細かいのかてきとうなのか。実はざっくり数えても良かったのか。これはオランダ気質か?とコソコソ会話しつつディーラーさんにお礼を言う。

こちらが小さい糸巻き(ほんの一部です)


ここらでまたまたオランダ風ホットドッグとビールで一休み。

まだまだ見ていないブースが盛り沢山!気合いを入れなおして、いざー!!

つづく。

2012年1月18日(水)
スタッフのHです。翌日。今日はめぼしいマーケットもないのでパッキングデーです。

ホテルに持ち込んだ大量の新聞紙、ダンボール、プチプチで梱包していきます。
せっかく買った商品が壊れないように。でもたくさん箱に入れられるように。ついでに重量制限を気にしつつ。。
この作業がいちばんコワイ。だって心配症だから。。(しつこい)

部屋をひどい有様にしながら、わっせわっせとパッキング。

郵便局に運び込み、すんなり送り出せると思いきや荷物が重量オーバー!
たいがい10箱超えたあたりで重さがわからなくなるのです。
店の隅でコソコソと調整します。これがけっこう恥ずかしい。
はかりの前で店員さんと一喜一憂。みんな良い人ばかり♪そしてやっと送り出し☆

車も部屋もすっきり!気分も晴れやか〜。
明日からもたくさん買わなきゃね。とリフレッシュの為?オランダ観光へ。

名物のクロケット(コロッケ)とビールをがぶがぶ。
親切でごきげんなマスターにレッカラ!(美味しい!)と、覚えたてのオランダ語を連発する私。
私のお気に入りのビール、グフルプナーのだじゃれを言う、むつみさん。
すっかり酔っ払いの2人。。

レンガ造りの建物で良い雰囲気の街中をぐるりとまわる。跳ね橋があがるところも見れて満喫!満喫!
オランダすっかり大好きになりました☆

明日からもがんばるぞー!



2012年1月17日(火)
みなさま、おひさしぶりです。スタッフのHです。
いつの間にか終わっていたスタッフブログ…。
今回はちゃんと書けよ。というプレッシャーにドキドキしながらも買い付け日記を更新していきます。
どうぞよろしくお願いします。

さてさて買い付けの旅も何日かたったころ、ベルギーのマーケットへ行きました。
薄暗い中に出発して、しばらくすると何やら都会へ。
車をとめて少し歩くと早朝にもかかわらず広場にはたくさんの人が!
出遅れたー!と、むつみさんとあわてて買い付けを始めます。


暗いので携帯のライトで照らしながら商品を選んでいきます。
私はまったく見えていないのにサクサク買っていくむつみさん。さすが!
私は次々と商品を選ぶむつみさんの後ろで、必死にパッキングをしていきます。
ほとんどのディーラーさんは梱包材も袋も用意していないので新聞紙も自分で用意!
新聞紙持ってるよ。と言うとたいがい褒めてくれますが、なんか微妙。
でも出店者側なら素晴らしいシステムです。

途中でビール休憩をはさみ、マーケットへ戻ります。

ボタンや陶器のお皿。
素敵なお花のフレームを買って大満足☆

帰りにチコリのグラタンとビールで乾杯。
すごい充実してますがまだお昼。
この買い付けスムーズすぎて怖いですよー(私も心配性…)

ベルギー名物☆チコリのグラタン

2012年1月10日(火)
ぐっすり眠って、復活♪
今日は、オランダ人ディーラーRさんの店を訪ねる。
Rさんの店は、オランダの田舎村(失礼!)の「え、こんなところに??」と言うような場所にある。
しかし、中に入れば、これまたビックリ!
小ホールぐらいの店には、スンバらしいレベルのアンティークがどっさりと、しかもビューティフルに陳列されている。店内は掃除も行き届き、どのお品物もぴっかぴか。

いや〜、いつもながらスゴイナ〜。感心しきりだが、一応買付モードで店内を2周。
そんなに上等のアンティークの中から私が買うものあるのかって!?
今、そんな風に思ったあなた!結構mu・mu通ですね…。ところがどっこい、何かは用意してくれているのがRさんの偉いところ♪

小さなホーロー製のナンバープレートを見つける。全部買う。
色とりどりの毛糸の束を発見。数十箱買う。
「これは?」Hちゃんが見つけてきたもの、それは、キリスト教のタペストリーのようなもの十数本。それぞれ淡い色でデコラティブに飾られ、何ともいい感じ。でも、これは高そう…。しかし、Rさん、mu・muが買える値段にして下さり、結局全部買う。
次に私が見つけたもの。それは、ベネチアンガラスのシャンデリアペア。
すてき〜♪うっとり♪しかし、いくら何でも、これは値段的に無理かな?
Rさんはやおら帳簿をひっぱり出してきて(きちんと商品管理されているところがまたスゴイ)、ベストプライスを出してくれた。
ひーーー、がんばって買う。

今日はいいものが買えました。お支払いを済ませ、頼んでいたバナナ箱と新聞紙(どちらも梱包用)をもらった。助かるな〜。
車に隙間なく詰め込んでくれ(仕事が丁寧で早い!)、別室でお茶を呼ばれ、色々な情報を交換する(のではなく、ほとんど一方的にもらう)。

いや〜今回もありがとう!また買いに来ますから、元気でね〜。固い握手でお別れです。

スンバらしい商品群

誰だ〜つまみ食いの瞬間を撮る人は〜

きれいなタペストリー

2012年1月9日(月)
朝7時から買い始め、大量買いで買付が終わった午後一。もうホテルに帰るだろうと思っているHちゃん、甘いネ。
大満足ついでに、も1個、トライしたいところがあるんだよ、私には。

ということで、今までチャンレンジていなかった場所に挑戦。
そこは、毎週日曜日、300軒から500軒のディーラーが出店すると、ものの本には書いてある。それが本当なら、えらいこっちゃである。

商品で重くなった車のアクセルを踏み、その未知なる場所へと急ぐ。
…そういえば、今回の運転手は私。Hちゃんは免許がなくて運転できません。
運転は嫌いではなく、どっちかといえば好きな方。でも、やはり長距離はつらい時もあるかもね。過去の買付で運転手を務めてくれていた皆様に感謝の気持ちが沸き起こります。

さてさて、2時間弱程車を飛ばして見知らぬ街へ。そして目的地が近付いてくると、道路の脇は車で埋め尽くされ、駐車なんて無理!というくらい。
会場とおぼしき場所からは、人々が両手いっぱいにビニール袋なんぞ抱えて歩いているではありませんか!!こりゃー、期待大ですぞ〜。

焦る気持ちを抑えて、なんとか駐車できるスペースを探す(もちろん、路駐)。会場から遠くても、こればっかりは仕方ない。

ガラガラとショッピングカートを引き、会場に到着。露店の店がいくつも出ており、何かいい感じ〜。…って、ちょっと待った〜。露店ていっても、ジーンズとか靴下とか金物屋さんとか、アンティークと関係ないじゃん!

Hちゃんが「あっちに建物らしきものがありますよ〜」と教えてくれた。
アンティークは建物の中か??
入場料を払うゲートがあり、一瞬イヤな予感はあったけど、2時間も車を飛ばして中を見ないで帰るなんて、そんな選択肢はないのです。

一瞬Hちゃんだけ外に置いていこうかとも思ったが(入場料を払わず済ますため)、寛大な私は彼女の分まで払いました(当たり前?)。

じゃ、何はともあれ歩く。
入場料を払うだけあって、これはまた広い。広いだけでなく、迷路のように会場同士がつながっていて、どこまで行けば終わりなんだかさっぱりわからん。

そして、その広い会場を埋め尽くす店というのが…CD屋さんとか、マフラー屋さんとか、化粧品屋さんとか、ジーンズ屋さんとか。
やっぱり〜。こう来るんじゃないかと思ってたのよ〜。

でも、何か、あるんじゃない。
セカンドハンドの食器とか、昔売れ残った生地とか。ねえねえ、そう思わない??
同意を求めて振り返った瞬間、あきらめ顔のHちゃんに遭遇。
でも、入場料を払ったからには、最後まで歩くからね。無言の会話が続く。

一応最後まで見終えて、何も買うものがないのを確認し、出口を求めて右往左往して迷子になり、外の露店でエスカルゴの塩煮を食べて帰りました。
帰りの道の長かったこと!

道路脇には車がビッチリ!

親子連れの多さで気がつくべきだった!?

救う神あり、エスカルゴの塩煮、うまし♪

さてさて、こんな感じで旅の日記は続いてますが、明日からmu・muでは、この旅で買ってきたアンティーク雑貨をご覧いただける「オランダ・ベルギーフェア」始まります!
ぜひ、恵比寿のお店まで遊びに来てくださいね。
ホームページでもご紹介します(明日15:00〜)。
みなさま、お楽しみに〜。

2012年1月8日(日)
さて、翌日。今日もそれなりのメインイベント。国は変わってベルギーの田舎町の屋外マーケットに出かける。

ここは私の大好きな場所。ベルギーに来たからには外せないと思い込んでいるお気に入りです。
ということで、ホテルでHちゃんとカップラーメンをすすり(朝食)、朝7時マーケット到着。

しかーし、駐車場がない!ではないか。いつもとめてるパーキングは車でいっぱい。こんなに暗いのに(朝7時は結構暗い)みんな、早いな〜。ちょっと出遅れ気味の私たちである。冬だから、ちょっと遅めでもいいかなと思ったのが運のつき。せっかく買い付けに来ているんだから、ちゃんとしようゼ、と自分に言い聞かす。

何周か街を回ってやっと見つけた駐車場。気を取り直して、ハンティング開始!

でも、露店では明かりがなく、暗すぎて見えませーん。
ということで、街のホールみたいなところに移動。ここでは照明が付けられていて、良く見えーる&寒くない♪

馴染みのおじさん(と自分で思っているだけ)からタイルや秤、ブローチ、聖水入れなど楽しい買い物をする。
お初にお目にかかるマダムからガラス製品をいっぱい買う。
そんでもって、かっこいいアイアンのランプを買う。
陶器のジャグやボールを買う。
いい調子♪

そろそろ明るくなってきたので外も歩き始める。
また見っけた〜、ロザリオ♪ 本とロザリオをたくさん並べたおじさんのブース発見。
Hちゃんと手分けして、よさそうなものをどんどん分類。
終わったと思っても、おじさんが後から後から出してくる。
最後のほうにはHちゃんも「もうそろそろいいんじゃないですか?」と言っていたけど、知らんぷり。
そしてまた大量買いして満足満足。

ホットワインの出店で1杯飲んで体を温めたあと、キーホルダーをいっぱい並べているお店を発見。
かわいいな、と思って見ていると、店主が全部買ってと言う。交渉成立で全部買ったら、別のお客さんが「私も買いたかったのに〜」と店主に詰め寄っていた。そうしたことはマーケットの常。私も買い損ねて悔しい思いをすることもしばしばです。

ベルギーワッフルの屋台で焼き立てをほおばり、シェードやレース、変で可愛い人形などなどを買い、今日も大満足。
2日連続の絶好調。大丈夫か、この先…(心配性)。

やっと駐車場ゲット!

ロザリオ選びに真剣そのもの

ベルギーワッフル、うまし♪

2012年1月7日(土)
荷物置き場という良いシステムを知ったことだし、これで荷物の心配をせずに心置きなく買うぞ!おー!

ということで、ひとつひとつのブースをじっくりとみる。
おじいさんのブースでコインみたいなものを発見。よく見ると、全部ウサギの柄が。「これは何ですか?」と尋ねると、おじいさんは「ウサギの品評会で賞を取ったウサギにあげるメダル」と言った(と思う)。おもしろ〜い。もちろん全部買いました。

次はロザリオをたくさん持っているおじさんのブース。やったー。ロザリオはこの買い付けで是非買いたいアイテムのひとつだったので、いっぱい買いました。

ここらで一休みで、オランダ風ホットドッグとビールで乾杯。ソーセージはドイツほどではないが、それなりにイケる。

そしてまた続きでひたすら買っていく。

ところで、ここっていくつのホールが続いているのだろう。体育館ぐらいのホールが多分6個か7個分ぐらいあったと思う。それがすべて出展者でいっぱいなんだから、とてつもない規模である。
夕方、すべてを見終わったときは、充実感でいっぱいだった。
こんな素敵な場所を教えてくれてたWさん、ありがとう。そして買えるのか、なんて疑ったりしてごめんね。
初日とは思えない心地よい疲労感を胸に帰途に就いたのでした。



2012年1月6日(金)
翌日、買い付け初日がなんと、メインイベントです。
旅の前に、オランダ在住のオランダ人Wさんに電話で聞いた「mu・muにぴったりの市」それが今日なのです。これに来るために買い付けスケジュールを変更したという重要なマーケット。
ホントにmu・muにピッタリなんだろうね〜?不安半分、期待半分。

9時から始まるというのに、Wさん曰く、2時間前には着いておけ、とのこと。
言いつけを守り、7時きっかりに会場駐車場に到着。まだ暗い駐車場をちらほらと人影が、そして会場ホールへと歩いてゆく。私たちもついて行く。

切符切りのおじさんから入場券(ひとり15ユーロ。多分アーリーバイヤー券のようなもの)を買い、中へと入っていくと、そこは…

体育館ぐらいの大きさのホールがいくつも続いている超巨大ホール。でも、全体をすぐには把握できないから、目の前の店から始めてみよう♪

ということで、可愛いラジオを発見。Hちゃんに、「オランダ語で“いくら”って何て言うの?」と聞くと、「えーと、ちょっと待ってください」自分メモを探している様子。来る前に、勉強しとけよ〜、とは私のこと(ひー)。
ちなみに英語は通じるかな?と試したところ、大丈夫だった。
ラジオを3つ買って、「後から取りに来るからね〜」とゼスチャーで伝え(この英語は通じなかった)、次!

英語が通じたり、通じなかったりでいろいろ買い、次はホーロー製品をたくさん揃えたマダムのお店。やっぱり、いろいろ買ってお代を払い、例のごとく「後から取りに来るから、置いといて」とお願いしたら、OKとはいかない様子。オランダ語で説明してくれるマダムのいうことを聞いていると、どうやらすぐ近くに場所があって、そこへ持って行け、と言っている様子。Hちゃんも同じ理解だったらしく、「どっかに何かの場所があるんですかね??」と言っている。「ちょっと見てきて」とマダムの指さす方へHちゃんを探検に行かせると、戻ってきて曰く「わかりました〜。こっちです〜」。
いっぱいのホーローを持ってHちゃんの後をついて行ってみると、そこは空の段ボールが100個は並んでいる不思議な売り場。しかし、ここは売り場ではなく、1箱1ユーロ払って、その箱がいっぱいになるまで荷物を預かってくれる荷物預かり場。

さすがオランダ!しっかりしてるぜ。世にも稀な光景を目の前にした私は、オランダの奥深さに頭をガツンとやられた思いでした。


2012年1月5日(木)
今回の旅の道連れは、Hちゃんです。Hちゃん自身、買い付けに同行するのは2回目。ということで、少しは勝手も分かっているし、やる気マンマンのはず。
行きの飛行機の中でも、オランダ語やフランス語(ベルギーの言語のひとつ)の本で一生懸命、勉強していました♪
私はといえば、飛行機が空いているのをいいことに、3人席を独り占めし、横になって熟睡…

そんなこんなで着きましたよ、アムステルダム・スキポール国際空港!
今回は、預け入れ荷物の20枚ものダンボールも無事に届き、ベルリンの時とは違い、幸先良さそう♪
レンタカー会社の人も待ち合わせ場所に時間前には来ているし、親切だし、車は綺麗だし、おまけにGPSも備え付け。こ、これは、この旅が成功するっていう神様のおぼし召しなのか!
いやいや、安心するのは、旅が終わってからにしよう。

とにかく、今晩のホテルに向かいレッツゴー。GPSは順調に動き、高速もずいぶんと走りやすく、やはり低地の国、オランダ!を実感するのでした。

ホテルに着いたのは、夜10時過ぎぐらい。チェックインもスムーズに進み、ふと併設のレストランを見ると、照明が暗い。
夜はホテルで食べようと思っていた私たち。レセプションの人に「お、お腹すいたんだけど、レストラン、終わっちゃった?」と聞くと、「うーん、ちょっと、聞いてあげるね」と言い残し、厨房のほうへ。
戻ってきて、「すぐできるカツレツなんかでよければ作れるって」と有難いお言葉。「ビールは飲めるよね」と詰め寄る私に、「飲み物は大丈夫!」いやっほー、このホテル、大好き(初めて泊まるけど)♪
いっぱい食べて(カツレツのプレートがすごい量!)いっぱい食べて、寝る。


2012年1月4日(水)
みなさま、明けまして、おめでとうございます!今年もmu・muはぶっ飛ばして参ります。何か、みなさまのお役に立てることがありますように♪どうぞよろしくお願い致します。

さて、今日から始まります、また新たな買い付け日記。ぜひ読んで〜〜。

昨年の11月、「こんな寒くて、何か買えるのか?」と疑問符付で出かけた場所、それは、オランダ・ベルギーです。

ベルギーはもう何回も買い付けに行っているけど、世界中でナンバーワン♪と個人的に思っている国です。
何といっても、ベルギービールでしょ、チョコでしょ…といった飲み食いの話は別にしても、なんだか面白いものが買える国としてインプットされているのです。
そしてオランダ。こちらはあまり行った経験がないのですが、知り合いのディーラーに連絡すると、mu・muにぴったりのいいマーケットがあるよと教えてくれました。

よっしゃー、なんだかわからんけど、11月のベネルクス、行ったるで〜♪





「2011チェコ・
ドイツ編」
はこちらから



「2012イギリス編」
はこちらから




「2012USAポートランド編」
はこちらから




「2012USA東海岸編」
はこちらから




「2012フランス・オランダ・ベルギー編」
はこちらから




「2013イギリス編」
はこちらから



「2013フランス・オランダ・ベルギー編」
はこちらから




「2014フランス・オランダ・ベルギー編」
はこちらから




「2014USA編」
はこちらから




「2015イギリス編」
はこちらから




「2015チェコ・
ドイツ編」
はこちらから



「2015USA編」
はこちらから



「2016イギリス編」
はこちらから




「2016イギリス編U」
はこちらから




「2017イギリス編」
はこちらから




*mu・muへのアクセス

★ キーワード検索 ★
*キッチン用品
*ガラス製品
*陶器
*アクセサリー
*レース・キルト・衣類
*裁縫道具
*テーブルウェア
*カゴ・バッグ・人形・キャラクタ
*シェード
*ブリック・ア・ブラック

ショッピング
*ご注文方法

ご購入方法など
*mu・muについて
*卸売について
*お問い合わせ


Link

★ショップのご案内★
mu・mu (ムームー)

営業時間
西店10:00〜20:00
(無休)




「2011チェコ・
ドイツ編」
はこちらから



「2012イギリス編」
はこちらから




「2012USAポートランド編」
はこちらから




「2012USA東海岸編」
はこちらから




「2012フランス・オランダ・ベルギー編」
はこちらから




「2013イギリス編」
はこちらから



「2013フランス・オランダ・ベルギー編」
はこちらから




「2014フランス・オランダ・ベルギー編」
はこちらから




「2014USA編」
はこちらから




「2015イギリス編」
はこちらから




「2015チェコ・
ドイツ編」
はこちらから



「2015USA編」
はこちらから



「2016イギリス編」
はこちらから




「2016イギリス編U」
はこちらから




「2017イギリス編」
はこちらから




*mu・muへのアクセス

★ キーワード検索 ★
*キッチン用品
*ガラス製品
*陶器
*アクセサリー
*レース・キルト・衣類
*裁縫道具
*テーブルウェア
*カゴ・バッグ・人形・キャラクタ
*シェード
*ブリック・ア・ブラック

ショッピング
*ご注文方法

ご購入方法など
*mu・muについて
*卸売について
*お問い合わせ


Link

★ショップのご案内★
mu・mu (ムームー)

営業時間
西店10:00〜20:00
(無休)




「2011チェコ・
ドイツ編」
はこちらから



「2012イギリス編」
はこちらから




「2012USAポートランド編」
はこちらから




「2012USA東海岸編」
はこちらから




「2012フランス・オランダ・ベルギー編」
はこちらから




「2013イギリス編」
はこちらから



「2013フランス・オランダ・ベルギー編」
はこちらから




「2014フランス・オランダ・ベルギー編」
はこちらから




「2014USA編」
はこちらから




「2015イギリス編」
はこちらから




「2015チェコ・
ドイツ編」
はこちらから



「2015USA編」
はこちらから



「2016イギリス編」
はこちらから




「2016イギリス編U」
はこちらから




「2017イギリス編」
はこちらから




*mu・muへのアクセス

★ キーワード検索 ★
*キッチン用品
*ガラス製品
*陶器
*アクセサリー
*レース・キルト・衣類
*裁縫道具
*テーブルウェア
*カゴ・バッグ・人形・キャラクタ
*シェード
*ブリック・ア・ブラック

ショッピング
*ご注文方法

ご購入方法など
*mu・muについて
*卸売について
*お問い合わせ


Link

★ショップのご案内★
mu・mu (ムームー)

営業時間
西店10:00〜20:00
(無休)




「2011チェコ・
ドイツ編」
はこちらから



「2012イギリス編」
はこちらから




「2012USAポートランド編」
はこちらから




「2012USA東海岸編」
はこちらから




「2012フランス・オランダ・ベルギー編」
はこちらから




「2013イギリス編」
はこちらから



「2013フランス・オランダ・ベルギー編」
はこちらから




「2014フランス・オランダ・ベルギー編」
はこちらから




「2014USA編」
はこちらから




「2015イギリス編」
はこちらから




「2015チェコ・
ドイツ編」
はこちらから



「2015USA編」
はこちらから



「2016イギリス編」
はこちらから




「2016イギリス編U」
はこちらから




「2017イギリス編」
はこちらから




*mu・muへのアクセス

★ キーワード検索 ★
*キッチン用品
*ガラス製品
*陶器
*アクセサリー
*レース・キルト・衣類
*裁縫道具
*テーブルウェア
*カゴ・バッグ・人形・キャラクタ
*シェード
*ブリック・ア・ブラック

ショッピング
*ご注文方法

ご購入方法など
*mu・muについて
*卸売について
*お問い合わせ


Link

★ショップのご案内★
mu・mu (ムームー)

営業時間
西店10:00〜20:00
(無休)




「2011チェコ・
ドイツ編」
はこちらから



「2012イギリス編」
はこちらから




「2012USAポートランド編」
はこちらから




「2012USA東海岸編」
はこちらから




「2012フランス・オランダ・ベルギー編」
はこちらから




「2013イギリス編」
はこちらから



「2013フランス・オランダ・ベルギー編」
はこちらから




「2014フランス・オランダ・ベルギー編」
はこちらから




「2014USA編」
はこちらから




「2015イギリス編」
はこちらから




「2015チェコ・
ドイツ編」
はこちらから



「2015USA編」
はこちらから



「2016イギリス編」
はこちらから




「2016イギリス編U」
はこちらから




「2017イギリス編」
はこちらから




*mu・muへのアクセス

★ キーワード検索 ★
*キッチン用品
*ガラス製品
*陶器
*アクセサリー
*レース・キルト・衣類
*裁縫道具
*テーブルウェア
*カゴ・バッグ・人形・キャラクタ
*シェード
*ブリック・ア・ブラック

ショッピング
*ご注文方法

ご購入方法など
*mu・muについて
*卸売について
*お問い合わせ


Link

★ショップのご案内★
mu・mu (ムームー)

営業時間
西店10:00〜20:00
(無休)

東京都公安委員会 第304410105752号 認可古物商
〒150-0021 東京都渋谷区恵比寿西1-21-5-1F
株式会社mu・mu  代表取締役 山本むつみ TEL 03-6809-0686 FAX 03-6809-0767
backHOME
Copyright(C)Mutsumi Yamamoto