西洋アンティークショップ - mu・mu - 西洋アンティークショップ - mu・mu - Back Home
「2016イギリス編Ⅱ」
2016年12月26日(月)
みなさま、昨日はメリークリスマッスでしたか?我が家は生姜焼きで晩御飯をすませ、ケーキを頂きました。あ、それと有馬記念を1点買いで当てました、えっへん。

さて買付日記です。

買付最後の日曜日は、初めてのフェアに行ってみました。ホテルから近くのところですが、これがまったくもって、大当たり!

決して特大とは言えない屋内フェア(50軒ぐらい?)。朝7時から行って、お昼に終わった、というか、終わらせた。何周回っても買うものが見つかり、帰れない状態に♪いや~いいところ発見。


その次の日も、良いフェアに行き、杖を買ったり、ルドゥーテのバラの絵のフレームを買ったりした。


そんなこんなで買付終了~。倉庫での梱包もきれいに終わらせ、後はシッパーのJ君に託す。


ベルギーでのテロの影響で急遽決まったイギリス買い付けの旅でしたが、がんばっていいもの買いました~。

で、めったに来ない春のイギリスはスイセンの季節ってことを発見。至るところに咲いていたな~。日本人にとっての桜みたいなものかな?


無事帰国の途に就きましたとさ。


お読みいただきありがとうございました!秋にもイギリスに行ったから、そのことを次回買付日記に書きまっす。お楽しみに~。

2016年12月23日(金・祝)
翌日は4月にもかかわらず雪!!どうりで寒いと思った。


さて今日は初めてのフェアに出かけるかどうか迷っていた。2~3時間かかる場所で開催されている小さめのフェア。ハズレだったら、結構へこむ。けど出かけないで後悔するよりいいか、ということで行ってみました。

小さい競馬場で開かれる、小さなアンティークフェア。室内40軒程度に屋外が5軒程度。せっかく来たからゆっくり見ようっと。一つ一つのブースをじっくり回る。


トランクを買ったり、はさみやステッキなど男性好みの物も買えました。最後ブックスタンドを見つけ、こちらも悩んだ末買わせて頂きました!


意外と楽しかったな~とまた2~3時間かけてホテルへ。その前にいつものスーパーに寄って、梱包用に「バナナ箱をもらいたい」と頼むと、2人がかりで持ってきてくれて、ご親切に車まで運んでくれました♪
むー買い物はこのスーパーで買わせて頂きます!!いつもありがとう!


ホテルに戻り、併設のパブで食事。ビールメニューを見ると、ブリューワリーも持っているみたい。ビールもおいしかったし、食事も◎でした。


またもや、ゆっくりお風呂につかって寝る♪

2016年12月20日(火)
翌朝、ホテルで朝食を頂く。


あーなんか幸せ♪オーナーが「今日部屋を入れ替えてあげるから、荷物をまとめといてね」とのこと。ありがたや~。

そして出かけたのは倉庫。今日は一日パッキングの日にしました。てきぱきてきぱき(と言いながら)梱包をしていきます。休憩時には日本から持ってきたステンレスボトルが役に立ちます。これでいつも温かい紅茶が飲めますから。


今回はフレームをたくさん買ったから、これが大変。段ボールで挟むようにして1個1個包んでいきます。夕方、終了。って全部終わったわけではないが、今日のところはこれまで。

ホテルに戻ると、新しい部屋が用意されてました。



おお、念願のバスタブ!それにアーコールチェアもお出迎えしてくれました。


ゆっくりお風呂につかって寝る♪

2016年12月18日(日)
あら、だいぶ間が空いちゃったけど、ぜひ続きをお読みください。

さて、大当たりのフリマの後、5連泊ほどするホテルを目指して北上!

する間に、ちらほら寄ったアンティークモール。




ほぼ収穫なし…

で、初めてのホテル(B&B)はこんな感じでした。



吹き抜けの明るいお部屋。大きなベッド。でも残念ながらシャワーだけだった。できればバスタブが希望の私はいつも初めてのホテルを予約する際、「バスタブ希望!!」と言っておくのだが、たいていシャワーのみの部屋になる。でも、一応オーナーにバスタブ付きの部屋はないか確認すると、明日でよければバスタブ付きの部屋が空くから、交換してあげるね!とのこと。ラッキー♪今日はこの素敵なお部屋で我慢。

翌日ランカシャー地方に出かける。



アンティークモールを巡る旅。の前に腹ごしらえで、朝からスイーツを頂きまっす♪


スコーンとティーの「クリームティー」です。焼きたてのスコーンにクロテッドクリームが最高っ♡
1軒目のモールでティーカップやポットなど陶器類を買い(別にスコーンがおいしかったからではない…と思う)、2軒目に。

こちらではガラス類をしこたま買うことができ、あーバランスが取れてよかった、って何の?

2016年12月10日(土)
珍しい手信号を買ったり、ソーイングボックスを買ったり、これは絶好調!フリマだけにお値段も控えめ。あるいは激安!



フランス物を扱うブースではコーヒーミルや塩入れを買ったりしました(フリマなんだけどね)。



もう終わりかなと思っても、次から次へと売り手がやってきて、ブースの列が長くなっていきます。荷物をいったん車に置きに行って、帰ってくるとブースの列が何列も増えていて、どこまで買ったのかわからなくなるほど。

気を取り直して買い付けを続け、見つけた超お気に入りのブースがこちら。





持っているものが素敵すぎて、テーブルに並べる暇もなく私が買っていきます。
もう、持ってきたもの全部買わせて、というくらい買いつくし、ようやく次のブースへ行くことができました。

そしてすべての買い付けが終了し、彼女のブースに戻って買ったものをピックアップしていると、「こんなのも好きじゃない?」と缶に入った針を見せてくれました。
「好き好き~これも頂戴。ほかになんか隠してないでしょうね?」と念押しして彼女ともお別れ。

いや~聞きしに勝るすごいフリマでした。


2016年12月5日(月)
その日のホテルはゴルフ場併設のホテル。





静かで緑多い環境に熟睡。

翌日、言われたよりも30分早く着くようにしゅっパーツ。

目的地に近づいていくと、なんじゃこりゃーというくらい大きな場所に遭遇。ここに間違いない!

車もどんどん入ってきて、だだっぴろい野原が宝探し会場に見えてきた!

といっても、まだまだ用意できている店は少なく、買う人の方が多いという印象。


何はともかく歩き始めると、車から物を引っ張り出したところに人だかりができ、次々に商談が成立していく様子。こりゃ~負けてられんぞ!と初めにトランクや缶をいっぱい買い込みました。

どんどん歩いているとぬかるみに足をとられ、靴に水がしみこんでいきます。これは大変といったん車に戻り即席レインブーツを作りました。


スーパーのビニール袋で靴を覆っただけ。でもこれで水は入ってこないし靴も汚れない。見た目を気にしなければ完璧♪

さ、これで準備万端。本格買付開始!
続く

2016年12月3日(土)
12月最初の週末ですね。mu・muでは、ただいまクリスマスセールを開催中です!詳しくはこちら

さて、買付日記です。
翌朝、また別の競馬場で開かれるアンティークフェアに出かけます。

こちらではスージークーパーを買ったり、バスケットを買ったり、ベルギー人からバイクラベルを買ったりと絶好調。


先日会ったW氏も出展していて、彼のブースに買ったものを置かせてもらったりしました。

で、何年か前にW氏の隣に出展しているディーラーさんが耳よりの情報をくれたことを思い出していました。

いわく、ものすごいフリーマーケットがあって、今日のフェアに出ている出展者さんもそこで買い付けをしている人が多いのだとか。そのフリマが明日開かれるのです。

W氏にお願いして、その情報をもう一度確かめることに。教えてくれたのはF氏。
場所はとにかく行けばわかる。巨大だから見逃すはずがない。とのこと。時間は6時半には着いてないといけないとのこと。この2つを覚え込みました。

W氏とはここでお別れ。この後すぐにフェリーに乗ってオランダに帰るのだとか。ありがとうね。また来るときに連絡しますと言ってハグ(お菓子ももらう)。
F氏とは明日会いましょうということで握手。

会場を後にします。


2016年12月1日(木)
さて、私は南、ロンドン近郊へ。2泊連泊するホテルはこんな感じでした。





翌朝、アンティークフェアに出かけます。
何年も前に行ったことのある競馬場で開かれるフェア。でも、駐車場が見つからない。競馬場の周りをうろうろしてみたものの、会場が遠く離れて見える場所しか駐車できませんでした。

おかしいな~町中に向けて行ってみると、「アンティークフェアこちら、駐車料金5ポンド」と出ていました。ああなんだ、こっちか。迷ったおかげで開場時間ぎりぎりです。

駆け込みセーフでハンティングに参加しましたが、会場を回っても買いたいものがない…。

なんか今回の買い付け、こんなことが多くない??ようやくクマのぬいぐるみやキッチン道具などをちらっと買いました。

もう1周回って、やっぱり買うものがないとわかって近郊のモール巡りに出かけました。




でもやっぱりどこに行っても買うものなし。高いか現代もののお店になっていたりで、いろいろと回ったけど今日は惨敗。

ホテルに戻って、洗濯をして、中華のテイクアウェイを買い込んで夕食。寝る。


2016年11月27日(日)
そして行ってみたアンティークフェア。これが大当たり~。

ぎゃ~狂喜乱舞で買いまくる私。先ほど買えなかったうっ憤を晴らすかのようです。

おまけに長らくお客様から宿題として頂いていたアザミ柄のビスケットスタンプも見つけました!!やった♪

トランクを買い、銀メッキ食器を買い、ガラスを買い、ボーンスプーンを買い、ご遠慮なしで買い進んでいきます。一番最初に行った買えないフェアで時間をつぶしていなかったら、もっと買えてたでしょうが、ま、そこまで欲張ってもしょうがない。

戦利品を抱えて車に戻ると、ちょうどW氏も車に戻ったところでした。オランダのおいしいお菓子をもらい、3日後の再会を約束して、お別れ。

私は南へ、彼は北へ。3日後はロンドン近郊で開かれるフェアで会うことになっています。


2016年11月25日(金)
そして行ってみた初めてのアンティークフェア。これがまったくもって散々なところでした。

出展社数200、とうたっていたのに、出ていたのはたぶん20ぐらい。こんなフェアにわざわざ3時間もかけて(昨日はモールに立ち寄りながらだったけど、直線距離ではたぶん3時間ぐらい)来ないよな~と憤っていたら、そこにW氏登場。オランダ在住のディーラで、このフェアで待ち合わせをしていたのです。

W氏もご立腹の様子。受付の人に「200も出てないじゃないか」と文句を言ったら「出展社数200まで(up to 200)ですから、これでもよいのです」という見解。W氏負けておらず「200まで、といったら普通100~150ぐらいは期待するのが客だ。20しか出なかったぞ!」

ま、状況が変わるわけではなく、言いたいことを言ったら、私たちは商談に入りました。W氏は私用の品物をわざわざ持ってきてくれたのです。もちろん、私の為だけにオランダから来たわけではなく、他のフェアなんかにも行ったりするのですが、ま、半分は私の為。
ということで、持ってきてくださったものはすべて買い取りました。

それで、これからどうする?とW氏。私は「××でフェアがあるから、そこに寄ってみる」といったのです。そうすると、W氏も一緒に行くことに。もちろん車はそれぞれバラバラですがなんとなく連れ立って出かけました。


2016年11月21日(月)
翌日。今朝で長らくお世話になったホテルともお別れ。明日、初めて行くフェアのために場所を移動しつつ、その途中のモールをめぐる一日。

行ったことのないモールを転々とし、巨大建物7つあるというモールに遭遇しました。一つのモールも相当な大きさ。これが全部で7つもあるの??急いで回らないと回り切れないのでは?

とにかく1つ1つを丁寧に、かつ素早く見て、全部見終わるころにはヘトヘトに。しかも最初の駐車場の場所が分からなくなるくらいの広さでした。

10袋分ぐらいは買えました。ひー。




その他は、空振りも多々ありましたが、最後に行ったモールがこれ大当たり。

4時30分ごろ入り、「はい5時だから終わり~」と言われるまで約30分で素晴らしく良い買い物ができました(質量ともに)。

そしてホテルへ。こちらが客室たったの1室というB&B。母屋の奥に客室が(1つだけ)あり、「鳥の鳴き声以外眠りを邪魔するものは何もない」というマダムの言葉通り、素敵なところでした。






翌日の朝食も心温まるもので、なんだか癒されました。




2016年11月19日(土)
翌日、ホテルでゆっくりと朝食を頂きました。なかなか朝食の時間までホテルにいることが少なく、貴重な機会。



ソーセージがめっちゃうまい!

腹ごしらえをして、昨日行ったインターナショナルアンティークフェア2日目に行く。

普段では2日目も通うなんてことはありえない行動だが、どうしてもあのハンガリーリネンが気になっていた。もう少し、買い足しておいたほうが良いのでは??と。

朝一で彼のブースに駆け込んで(まだ開店準備もできてなかったが)、気のすむまで選んで買った。


これで思い残すことはない!都合彼のブースで3回買ったことになるけど、こんなこと今まで一度もないのでは。ずいぶんハンガリーリネンに魅せられたものです。

このハンガリーリネン、日本の皆さんにどう受け入れられるのか、ぎゃー心配になってきた…

ということで、インターナショナルフェア2日目終わり(って、そこしか行ってないけど)。

倉庫に戻って今まで買ったものをパッキング。
倉庫といえば、今回、いつもシッピングに関してお世話になっているJ君、倉庫を新しい場所に移動した。そこはきれいで広くて、車付けも容易。サイコーじゃない!!

そちらで快適にパッキングをして、夜ご飯は軽めにホテル併設のレストランでサモサをテイクアウト。


サラダもついて、完璧なご飯に!十分満足で寝る。

2016年11月13日(日)
さて、何日かして、また別のインターナショナルアンティークフェア。

朝早くから行って買いますよ~。

活気はあるけど、やはり数年前と比べると、売る人がずいぶんと減ったような。たぶん買う人も減っているんだろうが。うーん、難しいことは置いといて、今は買うんじゃ~。

ということで、プチポワンやコロネーションものなどを買い付けていきます。



コートハンガーなんか珍しいものを買い付けたあと、ふっと見ると、こないだ大びんやハンガリーリネンなどを買ったあの人がまた出ているではありませんか!

ずいぶん商品は少なくなったものの(よく売れているみたいだったからね)、まだまだたっぷりのリネンが山積みに。ついふらふらと立ち寄って、またより分けている自分がいました。

笑いながら見ていたオーナー(まだ若い!)と丁々発止の値段交渉、したけどあまり負けてもらえず、それでもとりあえずたっぷり買いました。

その後も順調に買えて、今日も充実!

2016年11月10日(木)
翌日は今回の目玉の一つ、インターナショナルアンティークフェアに行く。なんだかあいにくの空模様だが、まだ降っていないだけまし。イギリスってこんな感じよね…


開場と同時に入って、まず目に飛び込んできたのがこちら。


ルドゥーテのフレーム。おまけしてもらえなかったが、やむなしで、お買い上げ。

他にも銀メッキのショック類やバスケットなどを順調に買っていきます。


屋外の大きなトラックの前でこれまた大きなガラス瓶を売る店あり。これまであまり取り扱っていなかった大きさ!何だか妙に惹かれて、いっぱい買う。


このブースよく見ると、家具やら布地やら面白いものがいっぱい。

布地は麻で手織りの1920年以前のハンガリーものらしい。
これもmu・muではあまり取り扱ったことのないもの。どーしよ。なんだか惹かれる…
ということで、買ってみました。


こちらのブースはハンガリーからわざわざ売りにきているのだそう。さすが、インターナショナルフェア!

ビンも麻も重いので、後ほど取りに来ることに。

雨が降り始めて、なんだかやる気なし…みたいな売り手デイーラーの多い中、このハンガリーディーラーは大忙しで、いろいろな人と大商いをしていました。さすが~

私も根性入れなおして、他をぶらぶら。

本を買ったり、フレームを買ったり、シャンデリアを買ったりと、収穫大大!

充実した一日となりました。

2016年11月7日(月)
翌日は小さなフェアをあちこちと回り、かなりの収穫がありました。ほっ♪

ついでに前回見つけたモールにも立ち寄り、こちらでもかわいいカップ&ソーサーを何種類も手に入れました。スミレ柄、バラ柄、小花柄などで、とっても満足。


さて、ホテルに戻り、今夜はホテル併設のインデァインレストランで食事することに。

よくわからないので、オーナーに「とにかく辛いやつ」と頼んで出てきたのがこちら。



うーん、前菜もうまいし、カレーも評判たがわぬ美味しさ!!なんつーか、スパイスのデリケートなコンビネーションが抜群です。

たっぷりたべて、階段を上って、すぐ寝る(これがレストラン併設ホテルの良さ♪)。

2016年11月3日(木)
さてさて、今年春に行きましたイギリスの買い付け日記でございます。
4月には久しぶりにフランス、ベルギーに買い付けに行こうと思っていた矢先、ベルギーでテロが起こりました。急遽、買い付け先をイギリスに変えて、旅立つことに。
準備期間も短く、ドタバタな出発でしたが、とにかくフィンエアーでロンドンに向けて出発~。


機内ではマリメッコのいろいろなものに遭遇して感激♪




こちらはマリメッコのブランケットに、紙ナプキンです。

ヘルシンキでトランジットして、無事ロンドンヒースロー空港に着きました。


翌日はホテルのバイキングで朝食をたっぷりと頂き、ゆっくり目に出発。





初めてのフェアを何軒か回りましたが、どこもちょっと不発…。初日から暗雲垂れこめてまいりましたが、気を取り直して、本日から7泊ほどするホテルへ。

地域でも評判のインド料理を併設したホテルだとか。お世話になりまっす。







「2011チェコ・
ドイツ編」
はこちらから



「2012オランダ・
ベルギー編」
はこちらから




「2012イギリス編」
はこちらから




「2012USAポートランド編」
はこちらから




「2012USA東海岸編」
はこちらから




「2012フランス・オランダ・ベルギー編」
はこちらから




「2013イギリス編」
はこちらから




「2013フランス・オランダ・ベルギー編」
はこちらから




「2014フランス・オランダ・ベルギー編」
はこちらから




「2014USA編」
はこちらから




「2015イギリス編」
はこちらから




「2015チェコ・
ドイツ編」
はこちらから




「2015USA編」
はこちらから




「2016イギリス編」
はこちらから




「2017イギリス編」
はこちらから




*mu・muへのアクセス

★ キーワード検索 ★
*キッチン用品
*ガラス製品
*陶器
*アクセサリー
*レース・キルト・衣類
*裁縫道具
*テーブルウェア
*カゴ・バッグ・人形・キャラクタ
*シェード
*ブリック・ア・ブラック

ショッピング
*ご注文方法

ご購入方法など
*mu・muについて
*卸売について
*お問い合わせ


Link

★ショップのご案内★
mu・mu (ムームー)

営業時間
西店10:00~20:00
(無休)

東京都公安委員会 第304410105752号 認可古物商
〒150-0021 東京都渋谷区恵比寿西1-21-5-1F
株式会社mu・mu  代表取締役 山本むつみ TEL 03-6809-0686 FAX 03-6809-0767
backHOME
Copyright(C)Mutsumi Yamamoto