西洋アンティークショップ - mu・mu - 西洋アンティークショップ - mu・mu - Back Home
「2015USA編」
2015年12月24日(木)
みなさま、メリークリスマッス♪
もうすぐ、クリスマスソングの嵐が去るかと思うと、寂しいであります。
さて、買い付け日記も最終回。

翌日。コンテナ詰めの日。朝早くからホテルを出発し、倉庫として使わせて頂いているおばあちゃん宅へ出発。車満杯だから、セイフティドライビングを心がけます。

午前9時ごろ着き、車から荷物を下ろして、最終的なパッキング確認。
しばらくすると、コンテナがやってきました。

おじいちゃんとおばあちゃん、私の3人でしばらく積み込んでいると、途中で息子さんとお連れ様がやってきて、手伝ってくれました♪
無事終了〜♪


あとは、無事に届くことを祈るのみ。おばあちゃんたちにお別れを告げ、ホテルへ。

普通なら翌日帰国のところ、今回はマイルで来ているので、ちょうどいい日程が取れず、もう1泊することになっています。

翌土曜日。「年に数回しか開かれないというフリマに行きなさい」という指令がおばあちゃんから出ていましたので、朝もはよから行ってまいりました。
初めての場所でしたが、これがまた、大当たり〜。でもコンテナはすでに出してしまっているから、スーツケースに入る分だけを厳選して買いました。


いやー、今年も楽しかったです。ありがとう、アメリカ!ということで、2015年のアメリカ買い付け日記終わり。

年明けは、今年秋に行きましたイギリスの買い付け日記をお届けします。
こちらもドタバタ!どうぞお楽しみに!


なお、mu・muは年内30日まで、年明けは3日から通常営業致します。
また来年もどうぞ宜しくお願い致します!

2015年12月22日(火)
翌日は一日パッキングの日。朝からやる気満々で、ちゃっちゃと終わらせますよ〜。


割れ物、小物はバナナ箱の中に、フレームは段ボールを切って巻き、大物はプチプチを巻いたりと、昼過ぎには終了しました!

お昼は昨日Trader's Joeで買ったフレッシュサルサとトルティーヤチップス。これがなんともウマイ♪さわやかな辛さとチップスのパリパリ歯ごたえがたまらん〜と手が止まりません。



午後からいよいよ車に詰めていきます。1週間前のように、入らなかったらホテルに預けて…という手は今回は使えません。なんせ初めて泊まったホテルですから。

でも、買いつけたものは少々オーバーフロー気味…。


まずは段ボールをバンの奥からきっちりと詰めていきます。その上に大物、その上の隙間にフレーム…とやっていって、最後にこちらのコートフックがどうしても入らないじゃないの!!ぎゃー。


むむむむ〜上もそうだが、下の脚も複雑な形…仕方なく助手席と運転席の間に斜めに押し込み、終了!いや〜ぎりぎりセーフです。


隙間があるように見えるのは気のせいです。

夕方、と言うには早い時間の終了しましたが、この車であちこち運転しようなんて気は起らず、ホテルの周りを散策して。



早めに夕食(昼と変わり映えなし)。就寝。


2015年12月21日(月)
翌月曜日は一日オフの日。午前中はオーガニックスーパーマーケットの「Trader's Joe」へ買い物に行きましたとさ(こちらも約1時間ドライブ)。




おいしそうなものをチョコチョコ買い、帰りはレストランによってランチ。
バッファローチキンとビール(ランチです)。

ホテルに帰って、部屋でゆっくりしていると、蚊が何匹か飛んできました。フロントへ行き「キンチョールみたいなのない?」って聞いて、出てきたのがこちら。


ちょっと、こんなんで蚊がやっつけられるの??聞けば、手元にスイッチがあり、電流が流れるようになっているのだとか。


振り回してみたけど、蚊をやっつけた感じはまったくなし。あきらめて、洗濯することに。
ホテルに洗濯機があり、おカネを払って利用する仕組み。洗剤と洗濯ものを持ち、ランドリー室へ行ってみたが、使ったことがないシステムみたい。あーかなー、こーかなーと模索したけど、間違っていたらいけないので、ちょうど歩いていたおじいちゃんオーナーに来て頂いて、やってもらいました。
「40分後ぐらいにくれば、洗濯は終わってるから」

ということで、ゆっくり部屋で過ごして、再びランドリー室に行ってみると、なんとびっくり床一面が10cmぐらいの水で浸かってしまっているではありませんか!!ダッシュでフロントへ行き、息子従業員に「大変だ、一緒に来て!」

ランドリー室で悲劇を目の当たりにした息子「ちゃんとセッティングしたんだろうな」と言ってきます。「あなたのお父さんがやってくれたんだけど」と一応反論。「そうか、じゃ、あんたは部屋で待ってな。30分ぐらいできれいにして、また洗濯できるようにしてやるから」とのことです。

30分できれいにはならないでしょう…と思ったけど、ちゃんときれいになりました。

それから洗濯しなおし、乾燥させて、終了!

休みだけど、何かにハプニングありの一日でした。

2015年12月19日(土)
あら、だいぶサボってましたが、続き。

翌日は日曜日。ドライブインシアターで行われるフリマへ朝一番で出かける。
こちらへ朝一番で出かけたことがなかったのですが、着いてみてビックリ。まだ開場前だというのに、人だかりが!


みなさん、本気モードですね♪私も負けじと、開場と同時にダッシュ!でもどっちに行ったらいいの?ということで、一番手前から見始めることに。みなさんは目当ての店があるらしく、いろいろな方向へ走って行きました。

まずはじめにガラス、ハットボックス、ブリキの家などを売るお店があり、じっくりと品定め。いっぱい買って、後から取りに来ることに。
次はペナントやスツール、ラガディアンの飾り物など、こちらも充実…とあっちこっちで買い物をして、午前中に全部見終わり終了!

車に荷物を積み込んで、昨日行った大当たりのモールへと向かいました。
ちょうど開店と同時に着いて、昨日乗せきれなかった大物を車に積み込み、ちょっと立ち話。オーナーは私より少し年上の方で、この仕事をし始めて20年弱ぐらいといのこと。私も大体同じ経歴なので、「今までどうして出会えなかったのか不思議だね」と言い合いました。連絡先を交換して、来年来る時はお知らせしますね、とガッツリ握手。よい出会いがありました〜♪

オーナーお勧めの近くのレストランに向かいランチ♪池のほとりのすてきなローカルレストラン。



こちらの人気メニューだという「あさりのフライ」をオーダーして出てきたのがこちら。


さすがアメリカ。あさりもビッグで食べ応えアリ!


そして、食後にアイス。と思ったら、オーダーを間違えてこんな量に!食べられるだけ食べて、残りは持帰りました(部屋に冷凍庫もあったのを思い出しました)。

ということで、この日は後、ゆっくり過ごしましたとさ。

2015年12月6日(日)
それから、昨日行けなかったホテル近くのモールのことを思い出し、急ぎドライブして行ってみますと、4時過ぎには着きました。やったー、開いてる!!

こじんまりとしたモールなので、30分もあれば買い物は終了すると思っていた私。でも急ぎ加減で、片っ端から見ていくと、カトラリーやキッチン関係など、かわいいものが続々。両手いっぱいになったらカウンターへと運び、また品定め、といったことを繰り返していると、5時になってしまったではありませんか!まだ全然前へ進めていないんですが…
「どーしよ、5時で閉店ですよね?」とカウンターの女性(モールのオーナーでした)に尋ねると、「あら時間なんて気にしないで。私は独り身だし、帰って食事するくらいだから、遅くなってもいいのよ」と言ってくれました。
それじゃー、遠慮なく、がっつり買わせて頂きます♪

陶器のお皿がとてもきれいで、お値段もリーズナブル。大量にカウンターに運んでいると、オーナーが、「これは私のだから、半額にしてあげるわ」。えーついてるお値段でもリーズナブルなのに半額ですと〜?それじゃあれもこれもと、並んでいるものは、ほとんどカウンター行きに。「値札シールに××と書いてあるのは私のだから、全部半額でいいわよ」とオーナー。

気をつけてみると、かわいくてリーズナブルな品物の値札には××というオーナーのイニシャルが。もう、狂ったように買いまくりました。

やったー、全部見終えた!と思ったら「2階もあるよ」とのこと。時間は7時を過ぎています。ぎゃー。「時間はほんとにいいんだけど、あなたおカネは大丈夫?うちカードは使えないの」そっか、現金だけなのね。初めて来て、これだけ買えば不安に思われるでしょうが、大丈夫、おカネは持ってます。ただ、車に乗るかが心配(フレームやパーラーセットなど、既に車は一杯だもんね)。乗らなかった分は明日取りに来ていい、ということで、気分も新たに2階へGO。

そこで目にしたものは、小部屋いっぱいの美しき陶器の数々。もちろん値札にはオーナーのイニシャルが!買い物かごを用意してもらい、たくさん入れては1階に運びます。最終的は小部屋もほとんど空に。2階は小部屋が5個くらいあり、それぞれに魅力的なもので満載です。最後はライティングビューロー、テーブル、椅子を何脚か、それにフロアランプまで買って、終了〜!

お会計を済ませ、小物だけ(っていっても相当の量だが)を車に積み、大物は明日取りに来ることに。時間はゆうに8時を回っており、お互いヘトヘト。しかし私は充実感大きく、まさしく「やったー」という感じで握手でお別れ。

ホテルに帰ってカップラーメンを食べて就寝。


2015年12月2日(水)
いよいよ12月。mu・muでは、昨日からクリスマスセールを開催中!ぜひ、お店やホームページをチェックして下さいね♪

さて、買い付け日記の続きです。
世界的に有名なアンティークフェア3日目、4日目(私にとっては最終日)も朝は早からお昼ごろまで露天を歩き回って買い続け、午後はモールめぐりを繰り返しました。

その甲斐あって、段ボールいっぱいのハンカチを買ったり、スティッチャーという靴工場で使われていた移動式の棚を買ったり、mu・muで人気のミルクキャップを買ったりと大忙しです。


モールもいくつか新しい(行ったことがない)ところにチャレンジして、いろいろな収穫がありました。

夕方5時くらいまでモールめぐりをして、帰途に就くのですが、GPSにホテルの住所をインプットしてドライブしていると、いつも大体同じ道を通るようにナビゲートされるのです。その道すがら、アンティークモールが2軒並んでいるのが気になっていました。もちろん行ったことがないところです。

でも通るのが5時を過ぎてますから、当然閉まっています。でもアンティークフェアの最終日に、モールめぐりをちょっと早く切り上げて、そのうちの1軒に立ち寄ってみると、これがなんと大当たり!安くてかわいいものが一杯買えたのです!なぜ、今までここに来ることができなかったのか。それは、ここのモールが何の広告も出していないからです。

私は大体フェアで配られているようなパンフレットなどを手掛かりにモールを回りますが、今までこちらのモールの広告を見たことはありませんでした。
今回初めて泊まったホテルがたまたまこのモールの近くだったことで「発見」できました。ラッキー。

店の店主に、「もう一つのモールもここくらい良いところ?」と聞くと、「うん、あっちもなかなかだよ」と言ってくれたのです。

だけど、1軒目の大当たりで時間を使ってしまったせいで、また5時過ぎに…。また、今度〜ということで、ホテルに帰りました。


2015年11月25日(水)
さて、世界的なアンティークフェア2日目。やっぱり日の出とともにハンティング開始!「あれー、久しぶりじゃない?」などと声をかけてくれる出展業者さんがいて、覚えていてくれるなんて感激!(なんせ4年ぶり…)

そこではキッチングッズやいろいろと細かい買い物をして、後から取りに来ることに。

あるブースでは、カトラリーを売っており、いろいろ選んで買わせて頂きました。カトラリー類はまとまると重い…こちらも後から取りに来ることに。


広い会場をあちこちと歩き回り、順調に買い付けていきます。




でもって、午後はモールめぐり。だって、このフェアは長丁場だから、一日中外を歩き続けるのはつらく、午後は空調の利いたところに避難するのがよろしいかな、と。車で3、4軒のモールを巡ります。

その中のひとつ、アンティーク生地ばかりを扱うお店で。いつものマダムは留守で、留守番のおじちゃんに「グランマモーゼスありませんか?」と聞いてみました。すると、おじいちゃん、「ないと思うよ。いままでこの店でグランマモーゼス買ったことあるの?」「はい、数年前に一度」「ふーん、一応店主に電話して聞いてみてあげるけど、たぶんないと思うよ」しばらく電話で話していたおじちゃん、電話の指示に従い、床に並べてあったクリアボックスを開けてみると、中から1枚グランマモーゼスが!!!おじちゃんと私、二人でびっくり!「君、ラッキーだね〜」ということで、もちろん購入させて頂きました。

おじちゃん曰く、その前の週にニューヨークで開かれたオークションでグランマ・モーゼスのオリジナルペインティングが出品され、たいそうな高額で落札されたとか。グランマモーゼス人気はいまだ色あせず、ですね。


ちなみに写真の10ドルはおつり。10ドルで買ったわけではありません(買えてたら超ラッキーだが)。

2015年11月18日(水)
さて、その世界的なアンティークフェア初日。約1週間にわたって開かれるこのフェアに来たのは4年ぶり。なんだかんだと日程が合わず、久しぶりになってしまいました。

初日を制する者は…と勝手に決めて、日の出とともにハンティング開始!4年ぶりとはいえ、お目当ての業者さんの場所は大体覚えているもんね〜(?)。とはいいながら、あっちにふらふら、こっちにふらふら(ちゃんと買いながらですよ)。



帽子を買ったり、アイロン台を買ったり、キルトを買ったりと大忙し。やっぱり、いいな〜。



フードコートに立ち寄り、ホテルでこしらえてきたお弁当(サンドイッチ)をぱくり。



天気も良くって、幸せ♪もうひと踏ん張りしてから、午後は近くのアンティークモールに出かけます。

こちらも収穫ありありで、あるモールではアーコールの椅子を見つけたりしました!ラッキー♪

夕方、買い付けを終え、ホテルに帰ってみると、昨日外に出すよう頼んでおいたソファーが、まだ部屋に居座っているではありませんか!
バンの荷物を部屋に入れたいと考えていた私。すぐにレセプションに行き、「昨日頼んでおいたソファー、部屋から出して♪」とお願いしました。
するとすぐにやってきてくれたのは、若い衆ではなく、オーナーのおじいちゃん。筋骨たくましいけど、一人じゃ無理でしょ。「手伝います」と片方をもって、ソファーをおじいちゃんの車に乗せました。やったー、これで広々。心置きなくバンから荷物を部屋へと移動できます。

一息ついたら、お風呂、そして冷蔵庫から本日の一品を選び、本日のビールとともに頂きます。寝る。



2015年11月7日(土)
翌朝、まだ暗いうちから出発。朝3時か4時には出たと思う。
なんたって、本日は軽く500キロくらいは走らなくては。途中、アメリカ滞在中、倉庫代わりに使わせて頂いているおばあちゃん宅によって、バン一杯分の荷物を下ろし、それから旅の後半戦、10泊ほどするホテルへ。

10泊もするのに、未知のホテルを選んでしまったので、早く着いて、いい部屋をゲットしなければ!GPSに導かれて着いたのは、こんなところにホテルあるんかいってなほど、なんもない田舎。ホテルあっち→という看板がなければ、絶対に迷うこと間違いなしの辺鄙な場所にありました。

昼の3時ごろチェックインし、冷蔵庫つきの部屋を頂きました。親切な中東系のファミリーが運営しているホテルでした。



しかし、いかんせん狭いです。せめて、チェック柄のオットマン付きソファーをどかしてもらわんと…ということで、込み合ってきたレセプションに出向き、お願いすることに。「今日は忙しいだろうから、明日の昼3時ぐらいまでにやっといてね」「オッケー」とのことで、一安心。

なんで忙しいかというと、明日からこの近くでアンティークの祭典とでもいうべき屋外アンティークフェアが開かれ、全米はもちろん世界中から人が集まってくるからです。だから、こんな辺鄙な(何度も失礼!)ホテルも満杯になるのです。

「ところで、一番近いスーパーってどこ?」とレセプションで聞くと、高速に乗って、2つ先の出口を出て…って、そんなに行くんかい!仕方ないので、高速に乗って行きまして、部屋に冷蔵庫もあったことだし…と何日分かの食料を買いました。ホテルに戻って、命のビールを買い忘れていることに気がついた私。またもやレセプションに行って、「ビール買いたい」というと、「あー、それなら隣町にビアショップがあるから」と道順を教えてくれた。しかーし、その隣町ったら、ローカル街道を1時間も走ったところにあったのです!!なんちゅう田舎にあるホテルなんだろう。もうせっかく来たので10泊分のビールを買い込みました。えらいこっちゃ。

ホテルに戻り、充実した食料品の中から本日の一皿を選び、充実したセレクションの中から本日のビールを選んで、飲み、さっさと就寝。



2015年10月31日(土)
順調に買っているので、ホテルの部屋はこうです。


部屋からの眺めはこうです。


日曜日、最後の買い付けに近所のマーケットまで行ってきます。

だんだん車に積み込めるか不安になってきたものの、商品を見ると買ってしまう…ま、一応思う存分買って、買い付け前半戦終了!

明日月曜日は移動日なので、今日の内に全ての荷物をバンに積み込まなくては!

ということで、えっちらおっちら梱包をして、えっちらおっちら車に積み込んでいきますが!はしごを3つも買ったのが失敗だった。1個がどうしても入らないのよ〜えーん。1時間ぐらいそのハシゴを車に納めようと格闘していたが、ついにあきらめ。

フロントに駆け込む。「Kさん、いる?」マネージャの名前を告げたけど、今は留守とのこと。担当のスタッフがどうしたの?と聞いてくれた。かくかくしかじか、という訳で、はしご1個持って帰れないので、1年間あずかって♪とダメもとで頼んでみました。「んー、Kさんに電話して聞いてみるから、部屋で待ってて」とのこと。部屋で待っていると、ほどなく先程のスタッフの人が来てくれて、「どれどれ、どんなハシゴ?」「これなの〜」「なんだ、大したことないじゃん、はい、これ貼っといて」と渡してくれた紙がこちら。



「こうしておけば、ルームサービスが間違って捨ててしまうことなく、倉庫で保管するから」とのこと。あの〜念を押して確認しときますが、私が今度来るのは1年後ね。1週間後じゃないんですが…。「大丈夫、安心して。じゃあ、明日からもお気をつけてね」

なんていいホテルなの〜。この地方に来る限りは、このホテルしか泊まらないから!!ということで、一件落着。バンはこうなりました。


隙間があるように見えるのは、気のせいです。もう。パンパンなのよ。えっへん。

2015年10月25日(日)
翌日はホテルから1時間ほどのフリーマーケットへ行く。
朝7時に到着。


よっしゃー、ハンティング開始!って、なんかおかしくない??
ラジオを売る店ばかりが並んでいて、いつもと勝手が違うんだけど。



聞くと、今日は「ラジオミーティング」というイベントが会場の一部で行われており、普段のフリマはあっち→とのことだった。あらま、そんなイベントがあったのね。

ということで、気を取り直してフリマへGO。すると、数え切れないほどのカードを木の箱に入れて売っているブースあり。最近、カードが高くて買えなかった私。お値段を聞くと、「箱ごと売っているから」とのこと。そうそう、その箱ごとの値段を教えてほしいの。
売ってたおじさんは、まさか私が箱ごと買うとは思ってなかったようだけど、無事交渉成立し、後から取りに来ることに。

その隣では人形を、その隣ではガムをディスプレイするためのブリキのラックを、その隣ではブリキのミルク缶を…と絶好調です。

最近ガラスばっかり買ってたから、こういった割れない物は新鮮ですな〜。

ひとしきり買って、次のフリマへ。といっても、1時間ぐらいはかかる。途中スーパーによって、バナナ箱をゲットするのも忘れません。安いからガソリンも入れとこうっと。


次のフリマは緑いっぱいの場所で開かれる素敵なところ。


そこで、訪ねたなじみのディーラーさん。「やあやあ、こんにちは〜」「あれ、mumu!来ているとは知らなかった。スナックセットあるよ」どうやら去年来た時に、スナックセットを探しておいてって私が頼んでいたらしい。すっかり忘れてた。彼のブースから少し離れた掘立小屋みたいな場所から、どんどんとスナックセットを持ってきてくれた。「君がいつ来てもいいように、あそこで保管しといたよ」とのこと。なんて親切なの!感激。
数えたら60セットぐらいはあったような。もちろん全部頂きました。
いや〜思わぬ収穫。

夜は中華のテイクアウトに日本から持参したコチュジャンをあわせて頂きました。ピリ辛がうまい♪


2015年10月20日(火)
で、翌日はホテル近くのアンティークモールめぐり。巨大モールを一日かけていくつも巡っていくのですが、朝9時、まず1軒めのモールでBallジャーをドカ買いしました。その他、木のボックスやらランプシェードやらを買いました。

お次のモールは昨日倉庫にうががったT氏のいるモール。行くとT氏が出迎えてくれ、彼のブースに案内してくれました。
ファイヤーキングマグやまたもやBallジャーなどを買いました。その他のブースもくまなく回り、いろいろなものをゲット。

次も10分くらい離れたモールにGO。ここでは、ハットボックスやスナックセットなど、やっぱりたくさん買えました。

お次は人形やボタン、その次のモールでは買うものなし…と駆け足で次々にモールを回り、本日最後となるモールに入ったのは閉店間近の夕方5時ごろ。しかし、ここも買えるのよね〜。

見落としがないように、しかも急いで選んでいたら、もう売り場とレジの間を何往復しているかわからなくなってきました。「ごめんね〜もう終わりだよね」とレジのお兄さんに声をかけると、「俺たち時間は気にしないぜ、ゆっくり見ていってくれよ」と嬉しいお言葉。えーホントに??他のモールだと閉店時間に追い出されるのに…。やったー、心置きなく見ちゃうもんね♪
でも、一応さっさと決める。しかし、買えるものが多くて、その後もレジとの往復が続く続く。レジカウンターも梱包に大忙しで、夕方にこんな繁盛しているモールも珍しい。

やっと最後まで見終わり、お会計も済んで、本日の買い付け終わりました〜!結局7個ぐらいのモールを見て回ったことに。大収穫であります。

近くのブリューワリーに行き、作りたてビールとオニオンスープにステーキをオーダー。はい、食べすぎです。





2015年10月17日(土)
休憩も済み、屋外へ出てみると、雨はすっかりあがっていました。ブルーシートもはがされ、ハンティング開始できます!

では続きから、行きますか。
レースのテーブルクロスやファイヤーキングマグ、アイロン台までゲットして、フリマ買い付け終了〜。車で預けていた商品を回収し、今晩から1週間ほど滞在するホテルへ…と思ったけど、お気に入りのモールに寄ろうかな。1時間ほどの遠回りになるのですが、結局行くことに。

モールは天候に左右されず、空調もきいていて快適です。トローリーを押しながら気に入ったものを入れていくスーパーマーケット方式。トローリーに載せる場所がなくなったころ、スタッフが来てくれて、レジに運んでくれます。私は買いものを続けることができ、これも至れり尽くせり。

ハットボックスやハンカチ、クリスマスもの、帽子などなど、もちろんガラスもたくさん買い付けることができました。遠回りでも外せないモールです。ところが会計時、責任者のWさんが言うことに「来年あなたが来るころには、このモールは場所を移動していると思う」とのこと。どうやら立ち退きを迫られ、次の場所を探しているんだって。「きっといい場所見つかりますよ。じゃ次に来る時は連絡入れてから来ますから」と握手でお別れしました。

また1時間ほどのドライブでホテルに到着して、荷物を下ろし、一息…つく間もなく、夕方約束したT氏の倉庫に向かいます。ホテルから倉庫までは車で約30分ほど。途中でこんなショップを見つけて立ち寄りました。


キルトやガラスものが買えて、びっくり。おっと、約束の時間に遅れそう。

去年初めて訪れて今回は2回目のT氏倉庫。住所をGPSに入れて近くまで来ているのですが、どうもよくわかりません。携帯でT氏に電話。「大きな岩が目印だから」と言われてドライブするのですが、岩ね〜、見つからん…と思っていたら、大きく手を振るT氏の姿が見えました。到着!

いや〜お久しぶり、元気だった?お互いの無事を喜び合います。
で、さっそく買わせて頂きますよ。だって、ここですごく買えるから、時間かかるんだもん…。でも今年は奥さんのKさんも初めから一緒だから、早く仕事が進むかな?

巨大倉庫の端から、値段で合意したものをT氏と私がテーブルに運び、奥さんが梱包していくシステム。全部見終わるまでに3時間。途中、近くのコンビニに行き、トイレ休憩(倉庫にトイレはないそうな)。全部でバナナ箱15箱程度買わせて頂きました。
Kさんの白魚のような手が新聞紙で真っ黒に!その甲斐あって、計算し終わると同時に梱包もできており、お二人の努力に敬意を表します!

ガッツリ握手して、すっかり暗くなった田舎道をホテルに向かって帰って行きました。
いや〜長〜い一日だったわ。

2015年10月11日(日)
さて翌朝は、毎週水曜日に開かれているフリマへ。フリマったって、これがバカにできないんだな〜。すばらしく買える、ワンダフルな場所です。

7時ごろ到着。半分以上の出展者はもうすでに準備ができていて、バイヤーもちらほらいます。早速ハンティング開始!




いきなりBallジャーを発見し、購入。次にガラスの塩入れを大量に売る店あり。ほんとに100個以上はありそう、いや200ぐらい??ちなみに…全部でいくらか聞いてみると、手の出ない値段ではなさそうな…2秒迷って、買いました。


よく見ると、塩入れ以外にもフライパンや木のボックスなど、いろいろと興味のあるものを売っているではりませんか。気になるものを片っ端から選んでいき、全部頂きました。たぶんめちゃくちゃ重いので、あとで車で取りに来ることにして、お金だけ支払い、次のブースへ。

次はFisher Price社という玩具メーカーのトイを大量に売る店あり。かわいー、ほしいー♪ということで、こちらも片っ端から選んでいくことに。子供のころに、こんな可愛いおもちゃがあったらな〜なんて、実は隠れFisher Priceファンなのかも?大人買いができる今は幸せです。こちらも後で取りに来ることにしました。いや〜絶好調!


と思っていたら、いきなり雨が!テーブルは見る見るブルーシートで覆われ、何も見えない状態に。ま、だいぶ収穫あったので、このまま終えてもいいか…いやいやもうちょっと粘るべきでは?一人格闘の末、ちょっと屋根付きブースに行ってみることに。

そこで発見したものは、こちら。


くまの容器に入った地元養蜂家のはちみつ。ここのフリマは、ファーマーズマーケットに併設されたもので、果物や野菜なんかもたくさん売られています。去年はここのファーマーズマーケットでアメリカンチェリーを買ったっけ。今回は季節がちょっと違うのでチェリーはなし。ということで、はちみつ大好きだから、ちょっと大きめのを買っちゃおっと♪

それから、マーケットの中にあるカフェで休憩。塩プレッツェルとホットドッグ&コーヒーです。ホットドッグはセルフで玉ねぎやピクルスをトッピングするシステム。たっぷりかけて、イタダキマス。


2015年10月7日(水)
翌朝は、朝早くホテルをチェックアウトし、昨日水を調達したデリに行きました。ホテルに朝食が付いていなかったので、こちらでイートインすることに。






作りたてのサンドイッチとコーヒーで、ごちそうさまでした。
なんか、男性客メイン(スペイン語が飛び交っていました)のデリでしたが、お味はグッドでした♪

さて、腹ごしらえできたところで、本日の目的地に向かいます。毎年お世話になるおばあちゃん宅。1時間ぐらいのドライブで、着きました。今年はどんなテントがお出迎えかな〜?



わーい、私のために用意されたテント2つ分の商品群!!まー見事に白一色のミルクガラスたちです♪

挨拶もそこそこに、買っていっちゃうからね〜。値段を聞いて、いるいらないを判断し、いるものを新聞で(自分で)包んでいきます。新聞と包んだもの入れるバナナ箱は大量に用意されています。
昼休憩(おばあちゃんがテイクアウトしてくれたピザをみんなで頂きます)をはさみ、全部終わるのに夕方までかかりました。ま、これだけの量を一人で包むだけでも大変なので、つつがなく終えることができ、買い付け初日としては上等と言えるでしょう。ぷひー。

お金を支払い、バナナ箱は預けていきます。1週間後に戻ってくることになるのですが、とりあえず、余ったバナナ箱と新聞紙を持たせてもらい、次の目的地に向かってGO。

2015年10月3日(土)
じゃ、じゃーん。アメリカ買い付け日記でございます。
今年の春に行きました東海岸3000キロの旅についてご報告しまっす!

またもや一人旅となりました。ここんとこ、一人が多いよね。それも楽しいからよいのですが。

さて、今回はJALのマイレージがたまっていたので、使わせて頂きました。アメリカ線で久しぶりに乗ったJAL。機内食が驚きでした!なんとモスバーガーが出てきたのです。しかも自分で作るモス。




こんないかわいいのが出てきて、満足〜。お味もグーッド!
あ、出来上がりを写真撮るの忘れた。すぐに食べちゃったもんね♪

そして映画を観て、就寝。ニューヨークに着くまで熟睡。

ジョン・エフ・ケネディ空港に降り立ち、タクシーでレンタカー会社へ。予約をしていたので、首尾よくいつものバンを借りました。
それに乗って、コネチカット州のこれまた予約していたホテルに到着。スーパーを探したが、見つからなかったので、ホテル近くのデリショップにて水などを調達。その目の前にビアショップがあり、こちらもゲット。

ホテルに帰って持参のカップヌードルを作り、ビールで流し込む&寝る。





「2011チェコ・
ドイツ編」
はこちらから



「2012オランダ・
ベルギー編」
はこちらから




「2012イギリス編」
はこちらから




「2012USAポートランド編」
はこちらから




「2012USA東海岸編」
はこちらから




「2012フランス・オランダ・ベルギー編」
はこちらから




「2013イギリス編」
はこちらから




「2013フランス・オランダ・ベルギー編」
はこちらから




「2014フランス・オランダ・ベルギー編」
はこちらから




「2014USA編」
はこちらから




「2015イギリス編」
はこちらから




「2015チェコ・
ドイツ編」
はこちらから




「2016イギリス編」
はこちらから




「2016イギリス編U」
はこちらから




「2017イギリス編」
はこちらから




「2017USA編」
はこちらから



*mu・muへのアクセス

★ キーワード検索 ★
*キッチン用品
*ガラス製品
*陶器
*アクセサリー
*レース・キルト・衣類
*裁縫道具
*テーブルウェア
*カゴ・バッグ・人形・キャラクタ
*シェード
*ブリック・ア・ブラック

ショッピング
*ご注文方法

ご購入方法など
*mu・muについて
*卸売について
*お問い合わせ


Link

★ショップのご案内★
mu・mu (ムームー)

営業時間
西店10:00〜20:00
(無休)

東京都公安委員会 第304410105752号 認可古物商
〒150-0021 東京都渋谷区恵比寿西1-21-5-1F
株式会社mu・mu  代表取締役 山本むつみ TEL 03-6809-0686 FAX 03-6809-0767
backHOME
Copyright(C)Mutsumi Yamamoto